· 

【人物解説】ウォーレン・バフェット「世界で最も成功した投資家」

ウォーレン・バフェット / Warren Buffett

世界で最も成功した投資家


2011年のウォーレン・バフェット。Wikiepiaより。
2011年のウォーレン・バフェット。Wikiepiaより。

概要


生年月日 1930年8月30日
国籍 アメリカ
居住地 ネブラスカ州オマハ
職業

・投資家

・慈善家

・スピーカー

学歴

・ペンシルバニア大学

・ネブラスカ大学リンカーン校

・コロンビア大学

職歴

バークシャー・ハサウェイ(会長、CEO)

資産

899億ドル(2019年5月)

配偶者

・スーザン・トンプソン(1952-2004年 死去)

・アストリッド・メンクス(2006年-)

子ども

・スーザン・アリス・バフェット

・ハワード・グラハム・バフェット

・ピーター・バフェット

公式サイト

http://www.berkshirehathaway.com/

http://www.letters.foundation/

ウォーレン・エドワード・バフェット(1930年8月30日生まれ)はアメリカの大物ビジネス家、投資家、スピーカー、慈善家。バークシャー・ハサウェイの会長、CEO。世界で最も成功した投資家の1人として認知されており、2019年5月4日時点における純資産は899億ドルで、ジェフ・ベゾス、ビル・ゲイツに続いて世界で3番目の富豪である。

 

バフェットはネブラスカ州オマハで生まれた。19歳でネブラスカ大学へ編入して卒業する以前、1947年にペンシルベニア大学のウォートンスクールに入学したころに、ビジネスと投資に関心を持ちはじめた。

 

バフェットはコロンビア・ビジネス・スクールを卒業しているが、そこで彼はベンジャミン・グレアムが開拓した「バリュー投資(割安株投資)」の概念に基づいて自身の投資哲学を形つくった。

 

さらに、経済学の知識を深めるためニューヨークの金融研究所に出席し、直後にグレアムをはじめさまざまなビジネスパートナーシップを始めた。

 

バフェットは1956年にバフェット・パートナーシップ,Ltdを設立し、最終的にバークシャー・ハサウェイと呼ばれる繊維製造会社を買収し、その後、多様化した持株会社を設立する際にその社名を引き継いだ。1978年、チャーリー・マンガーがバエフェットに参加し、会社の副社長に就任した。

 

バフェットは1970年以来、バークシャー・ハサウェイの会長兼最大株主であり、彼は世界中のメディアからオマハの「賢人」「神託」「哲人」と呼ばれてきた。彼は自身の莫大な富にもかかわらず、投資への価値観の遵守と質素倹約な生活で注目されている。

 

オックスフォード大学で発表された研究によれば、バフェットの投資方法は「創設者中心主義」と特徴づけられており、創業者の価値観を持つ経営者への経緯、株主たちに対する倫理的姿勢、指数関数的価値創造への強い関心によって判断しているという。基本的にバフェットの集中投資は市場の短期的圧力からマネージャーを保護している。

 

バフェットは著名な慈善家であり、おもにビル&メリンダ・ゲイツ財団を通じて、彼の財産の99パーセントを慈善活動のために寄付する誓約をした。バフェットは2009年にビル・ゲイツとギビング・プレッジを設立。これに参加する富豪たちは少なくとも財産の半分を譲渡する誓約をする必要がある。

 

バフェットは2016年のアメリカ大統領選挙で民主党の候補者ヒラリー・クリントンを支持したが、国家安全、経済成長、経済参加に関する結果次第で現在のドナルド・トランプ大統領を判断するつもりだという。

略歴