· 

【人物解説】マーク・ザッカーバーグ「Facebookの創設者」

マーク・ザッカーバーグ / Mark Zuckerberg

Facebookの創設者


概要


生年月日 1984年5月14日
国籍

アメリカ

居住地 カリフォルニア州パロアルト
職業 テクノロジー起業家、慈善家
職歴

・Facebook(共同設立者、会長、CEO)

学歴

・ハーバード大学

資産

736億ドル(2019年5月)

年収

・1ドル(One-dollar salary)

配偶者

プリシラ・チャン

子ども

2人

公式サイト

Facebook本人のページ

マーク・エリオット・ザッカーバーグ(1984年5月14日生まれ)はアメリカのテクノロジー起業家、慈善家。Facebookの共同創立者であり会長、CEOを歴任している。

 

ニューヨーク州ホワイト・プレインズで生まれたザッカーバーグはハーバード大学に進学し、2004年2月4日に学生寮の部屋で学友のエドゥアルド・サベリン、アンドリュー・マッカラム、ダスティン・モスコヴィッツ、クリス・ヒューズらとFacebookの開発に着手する。

 

元々はハーバード大学関係者だけの利用に限定されていたが、急速に学外をこえて広まり、2012年までにFacebookのユーザーは10億人に達した。2012年5月にナスダック上場を果たした。

 

ザッカーバーグの資産は2018年11月30日の時点550億ドルとみなされており、2007年には23歳で世界で最年少のビリオネアとなった。また、2010年の『Time』誌の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。

重要ポイント

  • Facebook創設者
  • 23歳で世界最年少のビリオネアとなる
  • ハーバード大学在学中に開発

略歴


幼少期


ザッカーバーグは1984年5月14日ニューヨークのホワイト・プレーンズで生まれた。父エドワードは歯科医で母カレンは精神科医だった。ザッカーバーグには3人の姉妹がいる。姉ランディ、妹ドナ、妹アリエルで、家族はニューヨークから約21マイル離れた郊外ウエストチェスター郡の小さな村で育った。

 

ザッカーバーグはドイツ、オーストリア、ポーランドを祖先のルーツに持つユダヤ教改革派の家庭で育てられた。13歳のときに子供が責任を持てる年齢に達したことを記念して行われるユダヤ教徒の成人式に参加ていたが、かつて「宗教はとても重要である」と誓う前まで「いろいろと宗教に対して疑問を感じていた」と話している。そのため、Facebookの昔のプロフィールには無神論者と記載されていた。

 

アーズリー高校でザッカーバーグはクラスでトップの成績だった。2年後、ニューハンプシャーにある私立フィリップス・エクセター・アカデミーへ転入し、そこで科学(数学、天文学、物理)と古典研究の分野で賞を受賞した。

 

若いころのザッカーバーグはジョンズ・ホプキンス大学タレントサーチのサマーキャンプに参加。大学申請時、フランス、ヘブライ語、ラテン語、古代ギリシア後を読み書きできると話した。また、ザッカーバーグはフェンシング部のキャプテンだった。


初期ソフトウェア


ザッカーバーグは中学生のときにコンピュータを使いはじめ、またソフトウェアの作成をはじめた。父親が1990年代にアタリBASICプログラミング言語を教え、その後、ソフトウェア開発者のデビッド・ニューマンが家庭教師となってより詳しくコンピュータを学んだ。

 

ザッカーバーグはまだ高校生のころに自宅近くのマーシー大学の大学院コースを受講していた。

 

ある日、自宅で行われて父親の歯科診療業務を手助けするために「ZuckNet」と呼ばれるソフトウェアプログラムを構築した。そのプログラムは家と仕事場の間のすべのコンピュータ間で、メッセージ・コミュニケーションすることを可能にした。これはAOLインスタントメッセンジャーのような「原始的な」コミュニケーションツールだったという。

 

ジャーナリストのホセ・アントニオ・バーガスによれば、「子どもたちはコンピュータゲームで遊んでいたが、それらのゲームはザッカーバーグが作った」と話している。ザッカーバーグ自身もこの時代のことを思い出し「私は当時芸術家だった友人がたくさんいた。彼らはうちにやってきて、ゲームの企画を立て、私はその企画を元にプログラミングをした」と話している。

 

バーガスは、ザッカーバーグは典型的な「オタクばか」ではなかったと話しており、のちの予備校時代ではフェンシングチームのキャプテンをつとめ、古典の卒業証書を取得している。

 

ナプスターの共同設立者で友人だったショーン・パーカーによれば、ザッカーバーグはギリシアのオデッセイとその文脈上の文化にぞっこんで、かつてFacebookの製品カンファンレンスで、ローマの詩人バージルの叙事詩「アエネーイス」を引用していたと話している。

 

高校時代のザッカーバーグは、シナプス・メディアプレイヤーと呼ばれるミュージックプレイヤーを作るためにインテリジェント・メディア・グループで働いていた。このアプリはユーザーのリスニング傾向を学習するものでSlashdotで紹介され、また『PC Magazine』では5点満点中3点の評価を得た。

大学時代


バーガスはハーバードで授業が始まるまでには、すでに「プログラミングの天才としての評判」が広がっていたとはなしている。ザッカーバーグは心理学とコンピュータ・サイエンスを学び、アルファ・エプシリオンとカークランド・ハウスに属していた。

 

2年生のとき、ザッカーバーグは「CourseMatch」という、ユーザーがほかの生徒の選択に基づいてクラスを選択したり、学習グループを形成できるプログラムを開発した。

 

しばらくして、ザッカーバーグは当初「Facemash」と名付けた別のプログラムを作成した。このプログラムを使うと、学生は写真の中からもっとも見栄えの良い人を選ぶことができた。当時のザッカーバーグのルームメイト、アリエ・ハシットが「彼は面白いサイトを作った」と話している。

 

「私たちはフェイスブックという本を持っていた。そこには学生寮に住んでいたみんなの名前と写真が載っていた。最初に彼はサイトを作り、そこに2枚の写真か2人の男性および2枚の女性の写真を負いた。このサイトへの訪問した人は、置かれた写真のどれかに「hotter」を選択する必要があり、それは投票によるランキングとなった」。

 

このサイトは週末までアップされていたが、月曜日の朝までには、大学はシャットダウンした。というのもあまりに人気でハーバードのネットワークスイッチの1つが圧迫され、学生たちがインターネットにアクセスできなくなったためである。

 

また、多くの学生が自身の写真が無断で使用されていることに苦情を出した。ザッカーバーグは公に謝罪し、学内新聞は彼のサイトは「完全に不適切」だという記事を書いた。ザッカーバーグはハーバード大学の半年間の保護観察処分を受けるに至った。

 

次の学期、2004年1月、ザッカーバーグは新しいウェブサイトのためにコードを書き始めた。2004年2月4日、ザッカーバーグは「The facebook」というサイトを立ち上げた。「The Facebook」の人気はすぐさま爆発。サービス開始から1か月でユーザー数1万人を突破した。

 

 

サイトが開設してから6日後、3人のハーバードの先輩、キャメロン・ウィンクルヴォス、タイラー・ウィンクルヴォス、ディヴィヤ・ナレンドラらがザッカーバーグを非難した。

 

3人はザッカーバーグの優れたプログラミング能力に目を付け、「harvard.eduドメイン」に群がる女性に出会うことを目的としたハーバード大学の学生専用コミュニティサイト「ハーバード・コネクション」の制作協力を依頼していた。

 

これにヒントにザッカーバーグは、独自にソーシャル・ネットワーキングサイトの制作を始め、親友のエドゥアルド・サベリンに1000ドルの出資とCFO(最高財務責任者)への就任を頼む。

 

ザッカーバーグはウィンクルボス兄弟らとの接触を避けてサイト制作を進め、2004年初頭、「The Facebook」が誕生。これに気付いたウィンクルボス兄弟ら3人はハーバード・クリムゾンに苦情を申し立て、新聞は調査をしはじめた。

 

Facebookの開始とともに、3人は問題の決着をつけるためザッカーバーグに対して訴訟を起こす。結果、合意された和解は、120万のFacebook株だった。ザッカーバーグはプロジェクトを完了させるために2年生のときにハーバード大学を退学した。

2005年のザッカーバーグ。Wikipediaより。
2005年のザッカーバーグ。Wikipediaより。

Facebookの設立


2004年2月4日、ザッカーバーグはハーバード大学の寮の部屋でFacebookを立ち上げた。Facebookへの初期インスピレーションは、ザッカーバーグが2002年に卒業した予備校であるフィリップス・エクセター・アカデミーにあった。

 

そこで発行されていた学生のための名簿帳「The Photo Address Book」は、学生から「Facebook」と呼ばれていた。その写真名簿は、多くの私立学校において学生たちの間でコミュニケーションを行うのに重要なものの1つだった。その名簿とともに学生たちはクラス年、友人、電話番号などの情報を共有して、コミュニケーションを行うことができた。

 

大学在学中、ザッカーバーグが始めたFacebookは、当初は単なる「ハーバード内の身内のツール」だった。しかし、学外に噂が広まりルームメイトでFacebookの共同設立者のダスティン・モスコヴィッツの助力を得て、ほかの学校の生徒にも使わせる決断をした。

 

Facebookはコロンビア大学、ニューヨーク大学、スタンフォード大学、ダートマス大学、コーネル大学、ペンシルヴァニア大学、ブラウン大学、エール大学にまで広がっていった。

 

2012年の夏季オリンピックでハイチ代表として出場した三段跳選手のサミル・レインは、Facebook設立時にザッカーバーグと部屋をシェアしていた。「マークは素晴らしいことに取り組んでいた」とレインは当時について話している。ちなみにレインはFacebookの14人目のユーザーだった。

 

Facebookを本格的に運営していくため、ザッカーバーグやモスコヴィッチ、ほかに何人かの友人たちらはシリコンバレーのあるカリフォルニア州パロアルトへ移ることになった。夏にザッカーバーグは会社に投資し、PayPalの創業者のピーター・ティールと会う。

 

Facebookのメンバーたちは2004年なかばに最初の事務所を借りた。ザッカーバーグによればハーバードに戻る予定だったが、結局、カリフォルニアに残ることになった。大企業によるFacebookの買収の申し出があったが断った。

 

2007年のインタビューでザッカーバーグは理由を説明した。「金額の問題ではない。私と私の同僚にとって、最も重要なことは私達自身が人々に開かれた情報の流れを創り出すことである。コングロマリットがソーシャルメディアを所有するのは、私にとっては良いと思えない」

 

2010年ザッカーバーグはこれらの目標を『Wired』誌で言い換え「私が本当に気にしているミッションは、世界をオープンにするという使命です」と話した。それ以前の2009年4月、ザッカーバーグはFacebookの資金調達戦略について、元ネットスケープのCFOであるピーター・クリーに助言を求めた。

 

2010年7月21日、ザッカーバーグは同社が5億人のユーザー登録を達成したと報告したFacebookの驚異的な成長とともに多額の広告収入が得られるかどうか尋ねられると、ザッカーバーグはこう答えた。

 

「可能だとおもう。平均的な検索クエリと比較して私たちのページがどれくらいの広告で占められるでしょうか。私たちの平均はページの10%弱で、検索平均で占められる広告は約20%です。その数値は私たちでも実行できるでしょう。しかし、私たちはそうしなくても十分うまくいきます。そう、私たちは実行し続けています。私たちが望む速度で成長している」。

 

2010年、1984年に『ハッカーズ:コンピュータ革命のヒーロー』を出版したスティーブンレヴィは「ザッカーバーグは明らかに自分自身をハッカーだと感がている」と書いた。ザッカーバーグは「破壊してもいい」「それよりよいものを」と話していた。

 

Facebookは6〜8週間ごとに「ハッカソン」を開催し、そこで参加者はプロジェクトを思いついて完成させるため一夜を過ごした。同社はハッカソンで音楽、食事、ビールをふるまい、ザッカーバーグを含む多くのFacebookのスタッフが定期的に参加した。

 

「一晩で本当に良いアイデアを思い付き作ることができる」とザッカーバーグはレヴィに話した。「そして、それが今のFacebookのパーソナリティの一部であり、また私のパーソナリティの中核をなすものである」と話した。

 

スティーブ・ジョブズが死去した直後の2011年のPBSインタビューでザッカーバーグは、ジョブズから「自分と同じように高品質で良いアイデア作ることに焦点をあてろ」とFacebookでの経営陣の作り方のアドバイスをもらったと話している。

 

2012年10月1日、ザッカーバーグはモスクワでロシアのドミトリー・メドベージェフ首相を訪問し、ロシアのソーシャルメディアの革新の刺激し、ロシア市場におけるFacebookの地位を高めた。

 

ロシアの通信大臣は、メドベージェフ首相がソーシャルメディアの巨大な創設者にロシアのプログラマーを引き抜く計画を放棄するよう促し、代わりにモスクワに研究センターを開設することを検討するようツイートした。ロシアには約900万人のFacebookユーザーが存在したが、国内のクローンSNS「VK」にはおよそ3,400万人のユーザーがいた。

 

Facebookの消費者マーケティングの責任者であるレベッカ・ヴァン・ディックは、2013年4月6日、8500万人のアメリカのFacebookユーザーが販売促進キャンペーンの初日にさらされたと発表した。

セキュリティ問題


2013年8月19日、ワシントン・ポストはザッカーバーグのFacebookのプロフィールが退社した元Facebook開発者によってハッキングされたと発表した。

 

アメリカ国内では、Facebookの約8,700万人に及ぶユーザー情報流出問題、プライバシーの扱いなどに関する姿勢が問題視され、マーク・ザッカーバーグは、2018年4月10日に米連邦議会上院司法委員会の公聴会に、翌11日には米連邦政府下院エネルギーおよび商業対策委員会の公聴会に出席した。

 

株式市場では、マーク・ザッカーバーグへの追及がこれ以上深刻になるものではないと判断され、下落が続いてきたFacebookの株価が上昇した。

世界的評価


『ヴァニティ・フェア』誌は2010年の同誌の企画「情報化時代で最も影響力のある人々100」でザッカーバーグを1位にランク付けした。2009年の同誌の企画では23位だった。

 

2010年、ザッカーバーグは『ニュー・ステイツマン』の年次調査「世界で最も影響力のある50人」で16位にランク付けされた。

 

ザッカーバーグはFacebookのCEOとして1ドル給料制を採用している。2016年6月、「ビジネス・インサイダー」紙は彼と彼の妻は「彼らの資産の99%、約550億ドルを譲渡すると誓約した」という事実があるため、ザッカーバーグをイーロン・マスクやサルマンカーンとともに「世界の価値を創造するビジネストップ10」の1人として選出した。

 

ザッカーバーグはジェフ・ベゾスやティム・ックのようなアメリカのテクノロジー関連の人物とならんで、2014年12月8日Facebookの本社で中国のオンラインポリシーの執行において影響力を持ち、「インターネット皇帝」と呼ばれる政治家の鲁炜と会合した。

 

2014年10月23日、ザッカーバーグが北京の清華大学でQ&Aセッションに参加した後、会議が開催され、ザッカーバーグは北京語で会話をしようとした。

 

Facebookは中国での利用が禁止されているが、ザッカーバーグは国民の間で高く評価されており、国の急成長している起業家セクターを促進を助けるため大学に招かれた。

ザッカーバーグは中国でも非常にアクティブで、2014年以来清華大学ビジネススクールの諮問委員会の役員を務めている。

政治姿勢


2002年にザッカーバーグはニューヨーク州ウェストチェスター郡で投票権の登録をしているが、2008年11月まで投票はしていなかった。

 

サンタクララ郡有権者登録官スポークスウーマンのエルマ・ローザは、ブルームバーグで、ザッカーバーグは選挙人名簿に「どちらでもない」と登録されており、少なくとも過去2008年から2012年の3回の選挙で2回は投票していると話している。

 

ザッカーバーグはこれまで彼自身の政治的見解を明らかにしたことはないある報道機関は彼は保守主義であるとみなしているが、他の機関はリベラルとみなしている。

 

2013年2月13日、ザッカーバーグはニュージャージー州知事で共和党のクリス・クリスティのために初めて募金イベントを開催した。ザッカーバーグが特に興味を持ったのは教育改革であり、クリスティの教育改革は教師組合とチャータースクールの拡大に焦点を当てたものだった。

 

その年の後半、ザッカーバーグは2013年のニュージャージー特別上院選挙に立候補していた民主党のニューアーク市長コーリー・ブッカーのためにキャンペーン募金活動を開催した。

 

2010年9月、クリス・クリスティ知事の支援を得て、ブッカーはザッカーバーグからニューアーク公立学校へ1億ドルの募金誓約を獲得した。

 

2013年4月11日、ザッカーバーグは「FWD.us」という501(c)団体の設立を主導した。この団体の創設者で貢献者はおもにシリコンバレーの起業家で投資家で社長のジョー・グリーンで、彼はザッカーバーグの親友だった。

 

この団体の目標は、移民の入国管理改革、米国の教育水準の向上、そして国民に利益をもたらすためのより技術的な進歩を推進することである。ザッカーバーグはワシントン・ポストの論説で米国の移民政策は、移民の国にしては「奇妙」であり、「今日の社会に合っていない」と述べている。同団体は、両党の議員、政府、州および地方の職員と連携すると公約している。

 

2013年、保全有権者の連盟、ムーブオン、シエラクラブ、アメリカ民主主義、CREDO、デイリー・コス、350.orgなど多数のリベラル団体や急進的グループが、石油採掘やキーストーン・パイプラインを支援し、移民制度の改革を支持している共和党のアメリカ合衆国上院議員のオバマケア反対を支援している政治活動団体「FWD.us」に投資しているザッカーバーグに抗議した。

 

2013年6月、ザッカーバーグは、毎年恒例のサンフランシスコ・レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー・プライド・セレブレーションの一環として、Facebookの従業員と会社フロートに参加。

 

同社は2011年のイベントに初めて参加したとき、従業員は70人だったが、2013年3月には700人にまで増えた。特に2013年のプライド・セレブレーションは、婚姻防衛法(DOMA)の一部が違憲であると米国最高裁判所が判決をくだした重要な年だった。

 

2015年12月9日、ザッカーバーグは2015年11月9日のパリ襲撃事件と2015年のサンバーナーディーノ銃乱射事件の影響を受け、Facebookのウォールに「私はアメリカだけでなく、世界中のイスラム教徒を支える輪に加わります。」とイスラム教徒をサポートするメッセージを投稿した。

 

声明では、Facebookではイスラム教徒をいつでも歓迎しており、「ユダヤ人として、私の両親は私たちがすべてのコミュニティへの攻撃に立ち向かわなければならないと私に教えた」という自身の実際の立ち位置を述べた。

 

2017年1月、ザッカーバーグは一部の国からの移民と難民を厳しく制限するというドナルド・トランプの執行命令に対して批判した。

 

ケンブリッジ・アナリティカの内部告発者のクリストファー・ワイリーは、スリランカにおける宗教的不寛容運動でFacebookが役割を果たしていることでザッカーバーグを批判している。

 

2019年に起きたスリランカ爆破後、キリスト教徒が多い西岸の町で12日、フェイスブック上の争いがきっかけとなり、数十人がモスクやイスラム教徒が経営する店舗に石を投げたり、男性が暴行を受けるなどの事件が起き、スリランカ政府はFacebookを一時的に禁止する措置をとった。

慈善事業


ザッカーバーグは、分散型ソーシャル・ネットワークキングサービス装置であるオープンソースのパーソナルウェブサーバ「Diaspora」に非公開の金額を寄付した。彼はその装置について「クールアイデア」と呼んだ。

 

ザッカーバーグはスタートアップ「教育財団」を設立。2010年9月22日、ザッカーバーグはニュージャージー州ニューアーク公立学校のニューアーク公立学校に1億ドルを寄付したと報じられた。批評家たちは寄付をした時期が、ザッカーバーグのややネガティブな印象を肖像を描いた映画『ソーシャル・ネットワーク』の公開が近い時期の行動であると指摘した。

 

ザッカーバーグがこの批判に対して「映画公開のタイミングに関する反応だったと言われているが、私は映画「ソーシャルネットワーク」がニューアークのプロジェクトと関わりがあるという思ってほしくないと。2つのことが別件であるように、当初は匿名で寄付をしようと思っていた」と回答している。

 

また、ニューアーク市長のコリー・ブッカーは、ニュージャージー州知事のクリス・クリスティとともにザッカーバーグに対しては匿名で寄付を行わないよう説得したと話している。

 

2010年12月9日、ザッカーバーグとビル・ゲイツ、そして投資家のウォーレン・バフェットは「ギビング・プレッジ」に署名をした。この署名は人生を通して、少なくとも自分たちの資産の半分を慈善団体に寄付する約束である。

 

2012年12月、ザッカーバーグと妻のプリシラ・チャンは、二人の人生の過程で富の大部分をビング・プレッジの精神に「人類の可能性を高め、平等を促進する」に利用する誓いをしたことを発表した。

 

2015年12月1日、二人は最終的に自分たちのFacebookの株式の99%(当時、約450億ドル相当)をチャン・ザッカーバーグ主導で譲渡すると発表した。

 

2013年12月19日、ザッカーバーグはシリコンバレー・コミュニティ財団へ1800万株の株式の寄付を発表した。当時のFacebookの評価によれば、この株の総額は9億9000万ドルだった。2013年12月31日、寄付金は2013年の公の記録において最大の慈善寄付であると認定された。

 

『クロニクル・オブ・フィランソロピー』誌は、同誌の毎年恒例の企画「2013年 最も寛大なアメリカ人50」で、ザッカーバーグと彼の妻を選定し、二人の寄付額はおよそ10億ドルであると報告した。

 

2014年10月、ザッカーバーグと妻のプリシラ・チャンは、エボラウイルス病、特に西アフリカのエボラウイルス流行と戦うために2500万ドルを寄付した。

 

2016年、チャン・ザッカーバーグの主導で、カリフォルニア大学サンフランシスコ校近郊にあるサンフランシスコのミッション・ベイ地区に位置するBiohubに6億ドルを寄付し、UCSF(カリフォルニア大学、バークレー大学、スタンフォード大学)の科学者同士の交流や共同作業をスムーズにすると発表した。

プライベート


ザッカーバーグは、ハーバード大学2年生のときに将来の妻となる同級生のプリシラ・チャンと出会う。彼らは2003年に交際をはじめた。2010年9月、ザッカーバーグは当時カリフォルニア大学の医学生だったチャンに、ザッカーバーグが借りていたパロアルトの家に引っ越すよう招待した。

 

ザッカーバーグは2010年12月、二人で中国を訪問する準備としてマンダリンを学んだ。2012年5月19日、ザッカーバーグとチャンはザッカーバーグの裏庭で結婚式を挙げ、また彼女の医学部の卒業祝いを行った。

 

2015年7月31日、ザッカーバーグはチャンに女の子の赤ちゃんができていると発表。チャンはこれまで3回の流産を経験して苦しんでいたが、今回は流産のリスクは低いと確信した上で妊娠を発表した。12月1日、ザッカーバーグの娘マキシマ・チャン・ザッカーバーグの誕生を発表した。

 

2人は2016年2月6日に公開された「チャイニーズ・ニュー・イヤー」のビデオで、マキシマの正式な中国語の名前はChen Mingyu(陈明宇)であると発表した。

 

また、2017年8月に次女が誕生。ほかに2人には子どもが生まれる以前にペットとしてビーストというコモンドドルの愛犬を飼っている。Facebookにはビーストのフォロワーが200万人以上いる。

チャンとザッカーバーグ(2013年)。
チャンとザッカーバーグ(2013年)。

 

ザッカーバーグはユダヤ教徒として育てられたが、のちに無神論者となったが、現在はどちらかというと仏教に共鳴しているという。

 

キリスト教に関してザッカーバーグとチャンは、2016年8月に教皇フランシスコに「私たちは彼の憐れみと優しさのメッセージをどのように称賛するか、そして世界中のあらゆる信仰の人々とコミュニケーションする方法を見つけた」と話している。

 

2016年に「あなたは無神論者ではありませんか」と尋ねられたとき、Facebookでのクリスムスの日の投稿に応えてザッカーバーグは答えた。「いいえ、私はユダヤ教徒として育ち、その後、宗教に疑問を持った時期がありましたが、今では宗教は非常に重要なものだとおもっている」

 

2017年5月、ハーバード大学での開会演説を終えたとき、ザッカーバーグは、人生の困難に直面したときに彼が言う言葉としてユダヤの祈りである「Mi Shebeirach」を共有した。