· 

【2020年版】Googleサービス・App完全解説ガイド

Googleサービス完全解説ガイド(2020年版)

検索、Gmail、Goodleドライブなどをわかりやすく解説


検索、Chrome、Gmail、Googleドライブ、Googleカレンダー、Googleマップ、GoogleKeep、Googleスプレッドシート、Googleドキュメント、Googleフォーム、Googleスライド、Googleニュースなどの仕事で使えるGoogleアプリ・サービスを解説していきます。

検索で記事を探す

Googleアカウントを取得する


Google検索


Gmail

無料で使える高度なメールサービス


GmailはGoogleが無償で提供しているメールサービスです。Googleアカウントを取得していれば無料で15GBの容量が利用できます。送信可能なサイズ(添付できるファイルのサイズ)は最大25MBで、1日に受信可能なメールの総量は2GBです。

 

Google最大の特徴高度なセキュリテイ機能です。標準でスパムメールと思われるものは迷惑メールに移動され、また、受信トレイに届いてしまった迷惑メールも設定次第で、次回同じメールが届かなくなります。メールの送受信時に添付ファイルのウイルススキャンもしてくれます。

 

Gmailは受信したメールの分類機能が豊富です。届いたメールは「ラベル」を付けて分類していきます。SNSのハッシュタグのようなものでフ複数のラベルを付けてメールを管理できます。そのほかにフラグスター重要マークなどでメールを分類することができます。

 

分類機能の中でも上級機能の「フィルタ」を使いこなすことでメール管理が効率化します。あからじめ指定したキーワードが含まれるメールが届いたときや、特定のメールアドレスからのメールが届いたときに、あらかじめ指定しておいたメール処理操作を行ってくれます。

Gmail記事一覧

会社やプロバイダのメールをGmailで送受信する(PC)

特定の人からのメールを他のメールアドレスに転送する(PC)

検索オプションを使って目的のメールを見つける(PC)

スレッド表示をオフにする(PC)

署名を追加するには?(PC)

不要なメールを削除してGmailの空き容量を増やす(PC)

添付ファイルのあるメールだけを削除してGmailの容量を増やす(PC)

迷惑メールを受信しないようにブロックする(PC)

広告やSNSのメールを「タブ」で分類する(PC)

Gmailから送信しても会社のアドレスやニックネームが表示されるようにする(PC)

ラベルを使って受信したメールを分類する(PC)

プロフィールアイコンを変更する(PC)

メールを送信する際、デフォルトの自分の名前を変更する(PC)

相手のメールアドレスを「連絡先」に登録して管理する(PC)

候補に表示される余計な「連絡先」を削除する(PC)

Gmailの送信を取り消す(PC)

Gmailで読み終えたメールはアーカイブへ移動する(PC)

Gmailの「フィルタ」を使って不要なメールは直接アーカイブ(PC)

Gmailの「スター」でメールを分類する(PC)

覚えておくと便利なGmailメール検索テクニック(PC)

サイズの大きなメールだけを削除して空き容量を増やす(PC)

Gmailのデータをローカルにバックアップする(PC)

挨拶文や営業メールなどのテンプレートを作成してメール作成を効率化する(PC)

不在でメールチェックできないときは自動返信機能を使おう(PC)

問い合わせメールを見逃さないようにするフィルタ設定(PC)

Google ドライブと連携させて 大容量のファイルも簡単に送信(PC)

Gmailでグループメールを作成して一括送信するには?(PC)

Chromeブラウザ


Googleドライブ

Googleアプリと連携できるクラウドサービス


Googleドライブは無料で15GBの容量を利用できるストレージサービスです。DropboxやOneBoxとよく似ておりクラウド上に保存したファイルをパソコン、スマートフォン、タブレットなどさまざまな端末で同期できます。

 

指定したファイルを共有状態にすることで、ほかのGoogleユーザーと共同でファイルを編集したり、Googleアカウントを所有していない匿名の人でもダウンロードしてもらうことができます。

 

Googleドキュメント、Googleスプレッドシート、GoogleスライドなどほかのGoogleサービスと連携性が高く、Googleドライブ上からこれらのファイルを作成したり、作成したファイルを自動的に保存、管理できます。

GooglePay