· 

【Googleドライブの使い方・設定/2020年版最新版】Googleドライブ「同期」とは

Googleドライブ「同期」とは

複数の端末でファイルを同じ状態に保つ「同期」と、サーバ上のデータを複数のユーザーで利用する「共有」の仕組みと違いを理解しましょう。

複数の端末機器を同じ状態に保つ「同期」

Googleドライブでは同期機能を利用してファイルを複数の端末機器でやり取りします。「同期」とはクラウド上のサーバを経由して複数のデバイス間(パソコンやスマートフォンなど)でデータを常に同じ状態に保つ機能です。

 

たとえば、PC版のGoogleドライブの内容を更新すると、スマートフォンでもパソコンで行った更新内容が自動的に反映されます。Googleドライブを利用するうえで非常に重要な機能なので、その仕組を理解しておきましょう。

サーバ上のデータを複数のユーザーで利用する「共有」

Googleドライブはほかのユーザーとファイルを共有することもできます。「共有」とは、サーバ上のデータを複数のユーザー同士が利用できるように設定する機能です。たとえば、サーバ上のデータを他のユーザーと共有することにより、複数メンバーでの会議の議事録の共同編集やイベントの告知などをよりスムーズに行うことができます。

 

Googleドライブでは不特定多数との共有と招待ユーザーとの共有の2通りの共有方法があります。不特定多数との共有を行う場合、個人情報をデータ公開しないよう注意が必用です。