· 

【使い方・設定】Googleの2段階認証を有効にする

Googleで2段階認証の設定する

Googleのセキュリティを強化したいなら2段階認証プロセスも検討するといいでしょう。Googleの標準設定では、他人から自分のGoogleサービスが不正使用されないよう、ユーザーはログイン時に設定したパスワードを入力しています。しかし、パスワードが盗まれてしまうこともあります。

 

そのようなトラブルに備えるのが2段階認証プロセスです。万が一、パスワードが盗まれたとしてもアカウントの不正使用を防止することができます。

2段階認証プロセスの設定を行う


1.Googleのページにアクセスしたら、右上のユーザーアイコンをクリックして「Googleアカウントを管理」をクリックします。

 

2.アカウント情報画面が表示されたら、左メニューから「セキュリティ」をクリックします

3.「パスワードとログイン方法」画面にある「2段階認証プロセス」が「オフ」になっていたら、クリックしましょう。

 

4.2段階認証プロセスの設定画面が表示されます。「使ってみる」をクリックします。

 

5.ログイン画面が表示されます。利用するGoogleアカウントを確認してログインパスワードを入力して「次へ」をクリックします。

6.確認コードを取得するのに利用する携帯電話番号を入力します。またコードの取得方法を選択して「次へ」をクリックします。

7.確認コードが受信できる携帯電話番号をチェックするため、コードが携帯電話に送信されます。コードを入力しましょう。

8.確認が完了すると、2段階認証プロセスを有効にするか聞かれます。「有効にする」をクリックします。

9.設定が完了しました。ログアウトして再度ログインしてみましょう。通常のパスワードの入力の次に、2段階認証プロセス画面が表示されます。携帯電話に送信される確認コードを入力して「次へ」をクリックすればログインできます。