· 

【人物解説】エリック・シュミット「2000年代のGoogleを支えたCEO」

エリック・シュミット / Eric Schmidt

2000年代のGoogleを支えたCEO


概要


生年月日 1955年4月27日
国籍

アメリカ

居住地 カリフォルニア州アザートン
職業 実業家、ソフトウェア・エンジニア
職歴

・Google(CEO、会長)

・アルファベット(経営執行役会長、取締役兼顧問)

・ノベル(CEO)

 

学歴

・プリンストン大学

・バークレー大学

資産

138億ドル(2019年4月)

年収

・125万ドル

・1億800万ドル相当のボーナスやストック・オプション

配偶者

ウェンディー・シュミット

子ども

2人

エリック・エマーソン・シュミット(1955年4月27日生まれ)はアメリカの実業家、ソフトウェア・エンジニア。2001年から2011年までGoogleの会長、2011年から2015年までGoogleのCEOを務めたことで知られる。

 

また、2015年から2017年までアルファベットの経営執行役会長を務め、現在は同社の取締役兼顧問である。

 

2017年に『フォーブス』誌は、総資産111億ドルとして世界で119番目の富豪者に位置付けられた。

 

Googleに入社する前のシュミットは、ベル研究所でインターンとしてUNIXコンピュータのオペレーティングシステムの字句解析を生成するソフトウェア・プログラムLexを完全に作り直したことで評価を高めている。

 

1997年から2001年までソフトウェア会社のノベルのCEO、2001年から2011年までGoogleのCEOを務める。

 

また、カーネギー・メロン大学、アップル、プリンストン大学、メイヨー・クリニックの取締役会を含め、さまざまなアカデミーや産業で職務を務めている。