Googleサービス

Googleサービス · 05日 7月 2020
Gmailの空き容量を増やすには余計なメールを削除する方法があるが、メールを削除したいならローカルにバックアップする方法もあります。
Googleサービス · 05日 7月 2020
Gmailの空き容量を増やすには、ストレージを購入する以外に余計なメールを削除する方法があります。余計なメールを削除する際は、サイズの大きな添付ファイル付きのメールから削除しましょう。

Googleサービス · 05日 7月 2020
Gmailには検索機能が搭載されています。ウェブ検索と同じくキーワードにさまざまな条件を付ければ効率的にメールが探せます。
Googleサービス · 05日 7月 2020
Gmailには「スター」と呼ばれる分類機能があります。ワンクリックで重要なメールにカラフルな☆マークを付ける機能です。標準いくつかのカラーが用意されていますが設定画面からスターの種類を増やすことができます。

Googleサービス · 05日 7月 2020
大量のメールを受信していると受信トレイに余計なメールがたまい重要メールを見逃してしまいます。そこでフィルタ機能を使いましょう。フィルタ機能の「受信トレイをスキップ」を使えば、閲覧する必要のないメールを受信トレイをスキップさせ直接アーカイブへ移動できます。
Googleサービス · 04日 7月 2020
Gmailにはフォルダ分類という機能がありません。代わりに「ラベル」を使ってメールを分類します。届いたメールにあらかじめ用意しておいたラベルを付けることでメールを分類することができます。ここでは、Googleが届いたメールを「Google」というラベルに分類させてみましょう。 大量のメールを受信していると、メールの分類が面倒になります。Gmailのフィルタ機能を使って自動で分類させましょう。

Googleサービス · 04日 7月 2020
読み終えたメールは受信トレイから外す「アーカイブ」機能を利用すると受信トレイが見やすくなります。アーカイブはゴミ箱と異なり、30日経過しても削除されることはなく、ずっと検索対象にもなります。
Googleサービス · 04日 7月 2020
Gmailで「送信取り消し」機能を有効にしておくと、誤ってメールを送信したあとでも、一定時間内であれば送信を取り消すことができます。メール送信後に表示される「取り消し」をクリックするだけです。また、あらかじめ設定で取り消し可能な猶予時間を指定しておきましょう。

Googleサービス · 04日 7月 2020
会社やプロバイダのメールをGmailで送受信できるのは便利ですが、送信時にGmailアドレスではなく会社やプロバイダのものを表示させたいときがあります。Gmailではメール作成時に会社やプロバイダのメールアドレスを送信元に変更できます。標準で設定するには「アカウントとインポート」で設定変更を行いましょう。
Googleサービス · 04日 7月 2020
Gmailの初期設定では「メイン」「ソーシャル」「プロモーション」の3つのカテゴリタブが用意されています。ソーシャルタブではSNSから届いたメールがまとめて表示され、プロモーションタブではダイレクトメールが届きます。また、「新着」や「フォーラム」といったタブも用意されています。

さらに表示する