ブログカテゴリ:映画



映画 · 14日 5月 2019
『ウェルカム・トゥ・マッキントッシュ』は2008年4月6日にウェスコシン映画祭で上映されたアップルに焦点を当てたドキュメンタリー映画。 タイトルはマッキントッシュを起動したときに表示されるウェルカムメッセージ「Welcome to Macintosh」から由来している。 この映画はコンピュータ会社としてのアップル社の歴史、特にマッキントッシュ製品シリーズ販売期に焦点を当てたものとなっている。マッキントッシュが最初に発売された時期にアップルに滞在していた従業員へのインタビュー、哲学、実務、会社の従業員などで構成されている。