ブログカテゴリ:マイクロソフト



IT · 18日 5月 2019
ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世(1995年10月28日)はアメリカの情報技術ビジネスに関する大物実業家、投資家、著述家、プログラマー、博愛主義者、人道主義者。マイクロソフト・コーポレーションの主要設立者、およびWindowsを開発した人物としてよく知られている。 1975年、ゲイツとポール・アレンはマイクロソフトを設立し、世界で最も大きなPCソフトウェア会社となる。ゲイツは2001年1月に辞任するまでCEOとして会社を引率していたが、同時に会長職やチーフ・ソフトウェア設計者を歴任していた。また同時に2014年5月まで同社の最大の個人株主だった。 2006年6月、ゲイツはこれまでのマイクロソフトでのフルタイム勤務からパートタイム、および2000年に設立した私的慈善財団のビル&メリンダ・ゲイツ財団でのフルタイム勤務へ移行することを発表。ゲイツは徐々にレイ・オジーやクレイグ・マンディに自身の職務の引き継ぎを行う。 2014年2月にはマイクロソフト会長を辞任し、新任のCEOサティア・ナデラをサポートするための技術顧問として新しいポストに就くことになった。
18日 5月 2019
メリンダ・アン・ゲイツ(1964年8月15日生まれ)はアメリカの慈善家、マイクロソフトの前ゼネラルマネージャー。2000年にビル・ゲイツつとともにビル&メリンダ・ゲイツ財団を共同で設立。同財団は世界で最も巨大なプライベート慈善組織である。ゲイツは『フォーブス』誌の「世界でパワフルな女性」に選ばれている。