教養

教養 · 10日 4月 2020
エマニュエル・トッド(1951年5月16日)はフランスの歴史学者、人類学者、人口統計学者、社会学者、政治科学者。 トッドは世界のさまざまなタイプの家族形態が信念・イデオロギー・政治システムと結びついてるかを解き明かし、また、家族人類学と人口動態学から割り出した数値に基づいて、蓋然的な未来社会を予測している。
教養 · 15日 1月 2020
梅棹忠夫(1920年6月13日-2010年7月3日)は日本の人類学者。京都大学教授。大阪国立民族博物館の創設者。梅棹の膨大な論文は人類学者に影響を与え、彼の著作は日本の一般大衆にも広く読まれている。...

教養 · 15日 1月 2020
クロード・レヴィ=ストロース(1908年11月28日-2009年10月30日)はフランスの人類学者、民俗学者。構造主義や構造人類学の学説発展のキーとなる著作を発表。...
教養 · 15日 1月 2020
ジャック・アタリ(1943年11月1日生まれ)はフランスの経済学者、著述家、アドバイザー、未来学者、音楽家。...

教養 · 15日 1月 2020
ピーター・フェルディナンド・ドラッカー(1909年11月19日ー2005年11月11日)はオーストリア生まれのアメリカ人経営コンサルタント、教育家、著述家。ドラッカーの著作物は近代法人経営における理論と実践の両方に貢献。また教育マネジメントの発展においても役割し、「目標管理」「セルフ教育」という概念をつくった。...
教養 · 19日 5月 2019
ジム・ロジャース(1942年10月19日生まれ)はアメリカ合衆国アラバマ州出身の投資家。クォンタム・ファンドの共同設立者。現在はロジャーズ・ホールディングの会長。2007年に家族とともにニューヨークからシンガポールに移住した。

教養 · 06日 5月 2019
ジル・ドゥルーズ。1925年パリ生まれ。 ヒューム、スピノザ、ベルクソン、ニーチェらを独自に読み解き、存在様態の「潜在性」「微分性」を着目して「差異の哲学」を構築した。 精神分析学者のガタリと出会って構造主義的な見方を超え、現代資本主 義を分析した共著「アンチ・オイディプス」、「千のプラトー」では、「リゾーム」「戦争機械」「器官なき身体」など新しい概念を次々に生み出し、日本の思想界にも大きな影響を与えた。 ほかにプルーストやカフカなど近代文学の読解、美学、映画論などの著作もある。肺病が悪化し95年、自宅から投身自殺。
教養 · 03日 5月 2019
アブー・バクル・アル=バグダーディー(1971年7月28日生まれ)は、西イラク、リビア、北ナイジェリア、シリアにまたがって広がるイスラム教スンナ派過激派グループ「イラクとレバントのイスラム国(ISIL)」の首領。ISILはISISやダーイッシュと呼ばれることもある。2013年に仲間からカリフの地位に任命され即位する。 2011年10月4日、アメリカ合衆国国務省は、バグダーディーを特別指名国際テロリスト犯に指定、情報提供者、捕縛者、殺害者に対して最高1000万ドルの懸賞金の報酬を発表した。彼より高額報酬に設定されているイスラム過激派関係者は、アルカイダの首領のアイマン・ザワーヒリで2500万ドルの懸賞金がかけられている。またアメリカはバグダーディーに対し、アメリカ市民の誘拐、隷属、レイプ、殺害の容疑もかけている。 2015年10月11日のBBCニュースによると、イラク空軍によるイラク西部のアンバール県への空爆の際に、バグダーディーの軍隊を攻撃、これまで何度かバグダーディーの死亡、負傷の報告がされているが、それらはすべて虚偽であったことが明らかになった

教養 · 08日 10月 2017
エリック・ホッファー(1902年7月25日-1983年5月21日)はアメリカのモラリスト、社会哲学者、港湾労働者。 生涯、社会の底辺に身を置き、働きながら読書と思索を続け、独自の思想を築き上げた。そのため「沖仲仕の哲学者」として知られている。 生涯に10冊の本を出版し、1983年2月に大統領自由勲章を受賞。1951年に出版された『大衆運動』は、社会科学の古典とみなされ、アカデミズムとインディーズの両方から称賛された。しかし、ホッファー自身にとってベスト自著は1963年に出版された『変化という試練』だという。 2001年には、エリック・ホッファー財団によってエリック・ホッファー賞が設立。“インディペンデント・スピリッツ”を持った優れた自費出版を積極的に評価し、250ドルの奨励金を交付している。
教養 · 24日 8月 2016
現在の英語ほど世界中に広まった言語はない。どの大陸にも、英語を母語にする人々がいて、どの大陸にも、英語を公用語にする国がある。英語を使う人々の総人口は20億人。科学出版の分野における英語は、明らかに共通語として用いられている。2001年、科学論文の90パーセントは英語で書かれ、占有率で2パーセントを超える言語はほかになかった。...

さらに表示する