IT · 01日 6月 2019
GAFA(ガーファ)とは、アメリカ合衆国に本拠を置く、グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)4つの主要IT企業の頭文字を取って総称する呼称である。 GAFAは4社は世界時価総額ランキングの上位を占める巨大企業だけでなく、私たち一般市民の生活のインフラストラクチャとなりつつあり、さらには国内外の政治にまで及ぶほどに巨大な影響を持ったIT企業として認知され、注目を集めている。4社の時価総額は合計約300兆円で、日本の株式市場全体における時価総額644兆円(2018年11月末時点)の半分に相当する。 ■GAFA由来 もともとは2011年ころにエリック・シュミット、フィル・サイモン、スコット・ギャロウェイらによって、成長著しいIT企業4社を呼び慣らわす名称として提唱され、また「gang of four」と呼んでいた。 このGAFAという言葉が日本で一般的に広がるきっかけになったのはスコット・ギャロウェイの著書『GAFA 四騎士が創り変えた世界』である。
Mac · 01日 6月 2019
これまでWindowsを使っていたユーザーが Macを使い始めたときにまず違和感を感じるのがマウスのスクロール方向でしょう。 Macではトラックパッドでの操作やiPhoneや iPadなどのiOS操作と統一性をはかっている ため、スクロールの方向が逆方向になっています。 不便で使いづらい場合は、スクロール方向をWindows使用時と同じ方向に変更しておくと操作が快適になります。

IT · 26日 5月 2019
ローレンス・エドワード・“ラリー”・ペイジ(1973年3月16日生まれ)はアメリカのコンピュータ・サイエンティスト、インターネット起業家。Googleの共同設立者、前最高経営責任者(CEO)。 ペイジはセルゲイ・ブリンとともにGoogleを設立し、Googleのページランクシステムや検索アルゴリズムの部分を開発した人物とされている。 現在のペイジはGoogleを退社し、Googleの持株会社であるアルファベットのCEOである。2001年8月にGoogleのCEOを辞任し、エリック・シュミットに譲る。2011年4月に再びCEOに復帰。2014年7月に再びCEOを辞任し、Googleの資産を管理する持ち株会社アルファベットを創設し、CEOに就任する。 ペイジ指揮のもと、現在のアルファベットはさまざまな業界において大きな進歩を遂げようとしている。
教養 · 25日 5月 2019
梅棹忠夫(1920年6月13日-2010年7月3日)は日本の人類学者。京都大学教授。大阪国立民族博物館の創設者。梅棹の膨大な論文は人類学者に影響を与え、彼の著作は日本の一般大衆にも広く読まれている。...

25日 5月 2019
クロード・レヴィ=ストロース(1908年11月28日-2009年10月30日)はフランスの人類学者、民俗学者。構造主義や構造人類学の学説発展のキーとなる著作を発表。...
教養 · 25日 5月 2019
ジャック・アタリ(1943年11月1日生まれ)はフランスの経済学者、著述家、アドバイザー、未来学者、音楽家。...

25日 5月 2019
ジョージ・フリードマン(1949年)はアメリカの政治学者、著述家。 インテリジェンス・オフィサーの創設者で前チーフ、金融監督官、「影のCIA」と呼ばれる民間インテリジェンス会社「ストラトフォー」の創設者。『100年予測』『10年予測』『アメリカ秘密戦争』『第二次太平洋戦争』『戦場の未来』などさまざまな未来予測本を執筆している。...
教養 · 25日 5月 2019
ピーター・フェルディナンド・ドラッカー(1909年11月19日ー2005年11月11日)はオーストリア生まれのアメリカ人経営コンサルタント、教育家、著述家。ドラッカーの著作物は近代法人経営における理論と実践の両方に貢献。また教育マネジメントの発展においても役割し、「目標管理」「セルフ教育」という概念をつくった。...

現代用語 · 24日 5月 2019
慈善事業(フィランソロピー)はもともと人類愛を意味するが、現代における一般的な定義は「公共の利益や人々の生活を良くするためにプライベートで活動する人」である。 これは20世紀に発展した社会科学的側面と独自の人文主義的伝統を組み合わせたものである。この言葉は慈善事業とビジネス活動を比較するときに利用できる。 慈善事業を実践する人は慈善家(フィランソロピスト)と呼ばれる。現代における代表的な慈善家はビル・ゲイツ、メリンダ・ゲイツ、ローレン・パウエル・ジョブズ、ウォーレン・バフェットなどであり、一世代前になるとアンドリュー・カーネギー、ジョン・ロックフェラーなどが挙げられる。。 なお、辞典などでフィランソロピーはチャリティを調べると両者とも「慈善事業」など同じ意味が出てくるが、実際には両者にの間には際立った違いがある。重複することはあるもののすべてのチャリティがフィランソロピーというわけではない。 一般的に定義されている両者の違いは、チャリティは特定の社会問題を和らげることが目的であるのに対して、慈善事業は問題の根本的な原因に取り組もうとしていることである。
投資家 · 22日 5月 2019
ウォーレン・エドワード・バフェット(1930年8月30日生まれ)はアメリカの大物ビジネス家、投資家、スピーカー、慈善家。バークシャー・ハサウェイの会長、CEO。世界で最も成功した投資家の1人として認知されており、2019年5月4日時点における純資産は899億ドルで、ジェフ・ベゾス、ビル・ゲイツに続いて世界で3番目の富豪である。 バフェットはネブラスカ州オマハで生まれた。19歳でネブラスカ大学へ編入して卒業する以前、1947年にペンシルベニア大学のウォートンスクールに入学したころに、ビジネスと投資に関心を持ちはじめた。 バフェットはコロンビア・ビジネス・スクールを卒業しているが、そこで彼はベンジャミン・グレアムが開拓した「バリュー投資(割安株投資)」の概念に基づいて自身の投資哲学を形つくった。 さらに、経済学の知識を深めるためニューヨークの金融研究所に出席し、直後にグレアムをはじめさまざまなビジネスパートナーシップを始めた。 バフェットは1956年にバフェット・パートナーシップ,Ltdを設立し、最終的にバークシャー・ハサウェイと呼ばれる繊維製造会社を買収し、その後

さらに表示する