【まとめ・解説】ビッグ・テック「世界を支配する巨大テック企業」
IT · 12日 1月 2021
ビッグテックとは、おもに米国の情報技術産業の中で最も支配的な企業のことを指す。代表的な企業として、アマゾン、アップル、グーグル、フェイスブック、マイクロソフトの5社が挙げられる。 2000年代の終り頃からこれら5つの企業が、世界的に最も価値のある公開企業に成長しはじめた。それぞれの最大時価総額は、約5000億ドルから約2兆ドルの範囲内で動いた。 これらの企業が作り出すエコシステム外では、デジタルの世界において通常の日常生活を送ることができないのではないかという憶測もあり、独占的支配への懸念から、米国司法省や連邦取引委員会、欧州委員会による独占禁止法違反の調査が行われている。 評論家は、これらの企業がプライバシー、市場の権力、言論の自由と検閲、国家安全保障と法執行に与える影響を疑問視している。一方で、消費者に無料のサービスを提供することで、これらの企業は成長を拡大している。
【完全解説】シリコンヒルズ「オースティンのハイテク企業の集積地」
IT · 18日 12月 2020
シリコンヒルズ(Silicon Hills)は、アメリカのテキサス州オースティン都市圏にあるハイテク企業の集積地の愛称である。 名前はシリコンバレーに似ているが、オースティンの西側にある丘陵地の名称を指している。この地域のハイテク産業には、エンタープライズ・ソフトウェア、半導体、企業の研究開発、バイオテクノロジー、ビデオゲーム産業、各種スタートアップ企業などがある。 テキサスのイノベーションの中心はオースティンにあり、サウス・バイ・サウスウエストでは、音楽祭・映画祭などの芸術イベントとテックのフェスティバルが組み合わされ、何年にもわたって開催されている。 また、地元のテキサス大学が高学歴の若者を輩出している。卒業生のマイケル・デルは、1984年に同地でコンピュータの名を冠した巨大企業を立ち上げた。それが「シリコンヒルズ」と呼ばれるようになった始まりである。

教養 · 10日 4月 2020
エマニュエル・トッド(1951年5月16日)はフランスの歴史学者、人類学者、人口統計学者、社会学者、政治科学者。 トッドは世界のさまざまなタイプの家族形態が信念・イデオロギー・政治システムと結びついてるかを解き明かし、また、家族人類学と人口動態学から割り出した数値に基づいて、蓋然的な未来社会を予測している。
IT · 28日 1月 2020
テレグラムはクラウドベースのインスタントメッセンジャー、またVolPによる音声通話サービス。 LINEやSkypeと同じようなアプリで無料でテキストや音声によるコミュニケーションが行える。Windows、Mac、LinuxなどPC版も用意されている。 App...

投資家 · 15日 1月 2020
ウォーレン・エドワード・バフェット(1930年8月30日生まれ)はアメリカの大物ビジネス家、投資家、スピーカー、慈善家。バークシャー・ハサウェイの会長、CEO。世界で最も成功した投資家の1人として認知されており、2019年5月4日時点における純資産は899億ドルで、ジェフ・ベゾス、ビル・ゲイツに続いて世界で3番目の富豪である。 バフェットはネブラスカ州オマハで生まれた。19歳でネブラスカ大学へ編入して卒業する以前、1947年にペンシルベニア大学のウォートンスクールに入学したころに、ビジネスと投資に関心を持ちはじめた。 バフェットはコロンビア・ビジネス・スクールを卒業しているが、そこで彼はベンジャミン・グレアムが開拓した「バリュー投資(割安株投資)」の概念に基づいて自身の投資哲学を形つくった。 さらに、経済学の知識を深めるためニューヨークの金融研究所に出席し、直後にグレアムをはじめさまざまなビジネスパートナーシップを始めた。 バフェットは1956年にバフェット・パートナーシップ,Ltdを設立し、最終的にバークシャー・ハサウェイと呼ばれる繊維製造会社を買収し、その後
IT · 15日 1月 2020
ローレンス・エドワード・“ラリー”・ペイジ(1973年3月16日生まれ)はアメリカのコンピュータ・サイエンティスト、インターネット起業家。Googleの共同設立者、前最高経営責任者(CEO)。 ペイジはセルゲイ・ブリンとともにGoogleを設立し、Googleのページランクシステムや検索アルゴリズムの部分を開発した人物とされている。 現在のペイジはGoogleを退社し、Googleの持株会社であるアルファベットのCEOである。2001年8月にGoogleのCEOを辞任し、エリック・シュミットに譲る。2011年4月に再びCEOに復帰。2014年7月に再びCEOを辞任し、Googleの資産を管理する持ち株会社アルファベットを創設し、CEOに就任する。 ペイジ指揮のもと、現在のアルファベットはさまざまな業界において大きな進歩を遂げようとしている。

教養 · 15日 1月 2020
梅棹忠夫(1920年6月13日-2010年7月3日)は日本の人類学者。京都大学教授。大阪国立民族博物館の創設者。梅棹の膨大な論文は人類学者に影響を与え、彼の著作は日本の一般大衆にも広く読まれている。...
IT · 15日 1月 2020
ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世(1995年10月28日)はアメリカの情報技術ビジネスに関する大物実業家、投資家、著述家、プログラマー、博愛主義者、人道主義者。マイクロソフト・コーポレーションの主要設立者、およびWindowsを開発した人物としてよく知られている。 1975年、ゲイツとポール・アレンはマイクロソフトを設立し、世界で最も大きなPCソフトウェア会社となる。ゲイツは2001年1月に辞任するまでCEOとして会社を引率していたが、同時に会長職やチーフ・ソフトウェア設計者を歴任していた。また同時に2014年5月まで同社の最大の個人株主だった。 2006年6月、ゲイツはこれまでのマイクロソフトでのフルタイム勤務からパートタイム、および2000年に設立した私的慈善財団のビル&メリンダ・ゲイツ財団でのフルタイム勤務へ移行することを発表。ゲイツは徐々にレイ・オジーやクレイグ・マンディに自身の職務の引き継ぎを行う。 2014年2月にはマイクロソフト会長を辞任し、新任のCEOサティア・ナデラをサポートするための技術顧問として新しいポストに就くことになった。

15日 1月 2020
マッケンジー・S・タトル・ベゾス(1970年4月7日)はアメリカの小説家、富豪。Amazon創設者ジェフ・ベゾスの前妻。1993年にベゾスと結婚し、2019年1月に離婚。2014年に彼女はいじめ対策組織「バイスタンダー・レヴォリューション」を設立し、エグゼクティブ・ディレクターを務めている。2019年4月、彼女はTwitterで350億ドルの離婚調停に達したことを発表し、世界で3番目に裕福な女性となった。ベゾスとの間に養子を含め4人の子どもがいる。
IT · 15日 1月 2020
マーク・エリオット・ザッカーバーグ(1984年5月14日生まれ)はアメリカのテクノロジー起業家、慈善家。Facebookの共同創立者であり会長、CEOを歴任している。 ニューヨーク州ホワイト・プレインズで生まれたザッカーバーグはハーバード大学に進学し、2004年2月4日に学生寮の部屋で学友のエドゥアルド・サベリン、アンドリュー・マッカラム、ダスティン・モスコヴィッツ、クリス・ヒューズらとFacebookの開発に着手する。 元々は大学関係者だけの利用に限定されていたが、急速に学外をこえて広まり、2012年までにFacebookのユーザーは10億人に達した。2012年5月にナスダック上場を果たした。 ザッカーバーグの資産は2018年11月30日の時点550億ドルとみなされており、2007年には23歳で世界で最年少のビリオネアとなった。また、2010年の『Time』誌の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。

さらに表示する